物欲購入目録日誌 写真館
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
Twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都国際マンガミュージアム「村田蓮爾:rm drawing works」
2010.07.18 (20:46) アニメ・漫画trackback(0)comment(0)
Twitterでつぶやく
131694556.jpg


京都国際マンガミュージアム「村田蓮爾:rm drawing works」
に行ってきました。

京都国際マンガミュージアムは地下鉄烏丸御池のすぐ横にある元龍池小学校を改造した建物で、テーマに沿ってマンガの展示物が見られるようになっていてマンガの文化的な側面を知ることができます。

また建物が古い小学校を改造した建物で、この建物がめちゃめちゃ感じがよいです。

また館内全体に様々なマンガが展示されており、来館者があらゆるところに座ってマンガを呼んでいてミュージアムというよりはマンガ図書館です。

来館者の多くは全ての年代と外国の観光客の方が多いようでしたね。

村田蓮爾さんの展示物は2Fでしばらくは常設されているっぽい感じで特に追加料金を支払うことなく見れます。

展示物は快楽天の最後のページに書かれているイラスト、ワニマガジン社で発行していたrobotという雑誌のマンガなどが大きく引き伸ばされたもの、原画、あと昔の同人誌やPSEで作成されていたグッズなどがありました。

オイラ的に村田蓮爾さんの作品などはフォローしているですが、見たこともないモノもあって満足です。

特にrobot10に掲載されていた漫画が気に入ったので売店で発売されていたので買ってきました。発売時に確実に購入していたんですが、実家にあるのか下宿にあるのかどこにあるのか行方不明になったもたからね。
prevhome next












トラックバックURL
→http://tachiphoto.blog61.fc2.com/tb.php/1000-9d789c29
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。