物欲購入目録日誌 写真館
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
Twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコンプラザ新宿でNikon D3のローパスフィルターを掃除もろた
2009.07.11 (22:17) カメラ関連trackback(0)comment(0)
Twitterでつぶやく
_0010290.jpg
Data:GR DIGITAL

そんなに利用頻度は高くないオイラのNikon D3ですが、どうもローパスフィルターにゴミが入ってしまったご様子。

マジで勘弁できないレベルだったので早速、新宿のニコンプラザまで行ってきました。こんなときにニコンプラザが近くてよかった。^-^

ニコンプラザに着くと、なにやらレンズにライトがついた特注のようなレンズでローパスフィルターを覗き込む係員の人、その不思議なライト付きレンズでゴミがみれるようです。オイラにも見せてくれましたが、マジで4点ほど結構堂々と着いていらっしゃる。

マジゆるせん、ゴミ。ということで早速掃除してもらうことに、

でもD700にはゴミを除去する機能があるんですが、D3やD3xの一桁代には未だに見実装。

なんで着かないのか?と聞いてみたらやっぱり技術的な信頼性が確立していなく、クリーニングでローパスフィルターからはとれても内部からゴミが消失する訳ではないので、抜本的な解決になっていないという点でD一桁番台には実装していないのがあるらしい。あと視野率100%を確保してダスト除去機能を付けるという技術的な問題もあると思いますが、、

というか、この手のカメラを買う人は自分でクリーニグするか定期的にニコンプラザにもってきて点検を受けて使用してくれってのが結論っぽい。

そういったプロな仕事ぶりがオイラのNikonが大好きな理由であったりします。
prevhome next












トラックバックURL
→http://tachiphoto.blog61.fc2.com/tb.php/254-c19100a8
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。