物欲購入目録日誌 写真館
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
Twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CEATEC JAPAN 2009(シーテック)に行ってきました!
2009.10.10 (23:15) 気になるモノtrackback(0)comment(0)
Twitterでつぶやく
_DSC4968.jpg
Nikon D300+Ai AF Nikkor 35mm F2D ,1/80秒(f/4.5),ISO280 WB AUTO

ということで、CEATEC JAPAN 2009(シーテック)に行ってきました!

せっかく関東に引っ越してきたので、こういうイベントには参加しておきたいもです。
ということでいろいろ見学。

ネットワーク系などは、ポスター発表されるいるところなどもあり、結構学術的、仕事できてもよかったんじゃね~か?と思ったのですが、やっぱりソニーなどのメーカーのスペースはやっぱり全然違う雰囲気。華があります。

とりあえず、東芝のCELLレグザが人気を集めていたのが印象的でした。各機能別に1ブースを設けて展示してありました、それほど一つ一つの技術に自信があるって感じ?
特にバックライトアレイの展示が綺麗でした。ソニーのXR1にもバックライドの駆動部分を制御してコントラストを上げる技術がありますが、それをもっと誇張したような感じ。とりあえず、3Tのハードディスクなんていらないのでcellとパネルだけでもっと現実的な値段のcellレグザが出てほしいです。

_DSC4963.jpg
Nikon D300+Ai AF Nikkor 35mm F2D ,1/80秒(f/13),ISO1600 WB AUTO

一方、sonyは完全に3Dモード。8台に試聴機にゲームや映画など違うジャンルの映像を流して視聴できるようになっていました。オイラは映画はそろそろ公開されるup!の映像をみたのですが、ほんとに3Dになっていますね。でも3D眼鏡をかけると色も変になるし、コントラストも著しく低下するので、これが来年から家庭にはいってくるとはちょっとまだまだ開発中の技術って感じですね。

一日中3D映像が流れるというようなイメージではなくBDなどのメニューに3D表示もできますよ!というようなオプション的な導入からされるんだろうなぁ~という感じ。

あとソニーが開発した240フレームの嘆願のカメラの映像が一番違和感なくて凄かったです。これが一番おすすめだったかも?


prevhome next












トラックバックURL
→http://tachiphoto.blog61.fc2.com/tb.php/341-8d58054a
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。