物欲購入目録日誌 写真館
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
Twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コララインとボタンの魔女3D
2010.02.20 (12:58) 映画trackback(0)comment(0)
Twitterでつぶやく
_0010774.jpg

コララインとボタンの魔女3Dを字幕3Dで見てきました。

前からこの作品があることは知っていて、ぜひとも日本で公開時というか日本でロードショーがかかるとは思っていなかったですが、めちゃめちゃ見たかったので初日に行ってきました。

ただし残念なことに字幕3Dで上映しているのは東京ではTOHOシネマズ 六本木ヒルズだけ!!

普通の映画館では宣伝かつ話題作りの一環で有名人が吹き替えを行った吹き替え版ばかり上映しています。

まったくもって、嫌な感じでございます。

しかしながら、どう考えても見に行く人を選ぶような本作品をなんとか興行的に成功させよう!

という宣伝担当の涙ぐましい努力というか宣伝のセオリーというか、そんなセオリー通りの宣伝展開なわけなので、しかたがないちゃ~仕方が無い。

でも東京近辺では一カ所だけしかも、お子様があまり行かない六本木だけが吹き替え版を上映してくれているという点において、宣伝担当さんの粋な計らいかも。

さてさて、本作品ですが、もうめちゃめちゃ綺麗です。

やっぱりストップモーションアニメは質感がすごくいいですね。めちゃめちゃ綺麗で、3Dとの相性もいい。自然な感じで3Dになっているのでどこの3Dが凄かったというのがまったくない。というか3D作品だったのか?という感じ。

でもそれぐらいがたぶん、丁度いいんだと思いますね。

そして、コララインがめちゃ可愛い!やばいよ、デザインを日本人アーティストの杉忠弘さんが担当されてりるのですが、人形にしたときの可愛さがすごい!!はんぱない。

いやぁ~精巧なフィギュア欲しいよ。20万までなら出すね。^-^
prevhome next












トラックバックURL
→http://tachiphoto.blog61.fc2.com/tb.php/566-8e41d5c5
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。